スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出没 in Paris

寒さが残るパリ。
うちのアパート、まだ暖房が付いてるもんね!>集中暖房



とはいえ、多少暖かくなり・・・



同時に登場したのが・・・






蟻!!!




最初はちょろちょろっと数匹程度だったんだけど、
2〜3日前は1時間ほど目を離すと、20〜30匹ぐらいはうじゃうじゃ〜。

4時間も目を離したら、100〜200匹はいたよ〜。涙

一日で計算したら、どんなけ〜〜??




どーやら甘いものを餌とする日本の蟻とは種類が違うらしい。

だって、歩くスピードも日本のより倍速!
すばしっこいよ〜。



キレイに片付けてないけど・・・
蟻はいない状態の風呂場。

このシンクの蛇口や、
この写真に写ってる付近の床に
集中して出没するのだよ。爆


2013042801


どこかに蟻が出入りしている穴があるハズ・・・
と探したのだけど・・・

古いので、穴はある!
でも蟻が出入りしている様子が無い〜。
違う穴か??

しかも日本と違うから、行列になってなくて、右往左往。
あっちこっちに不規則に動いていて・・・

結局、穴は判明せず・・・



朝シャワー派のダンナ様は、
シャワーで蟻を流して処理をする。

ハッキリ言ってありがた迷惑。

だってだって。
シンク周りが水浸し!爆

私がその水浸しに苦い顔をしてたら、
「どーってことない」と言って、バスマットで拭きやがる。

余談だが、私はバスタオルもバスマットも毎日洗濯しない派。
キレイな身体を拭いたりするものだから、汚れてないでしょー、ってことで。

そのバスマットで拭かないで欲しいんだけど!
「どーってことない」って、洗濯するのは私よ!!
バスマットは洗濯しやすい薄手にしてるけど、それでもかさ張るんだよ!



ということで、私はというと、
「たまたま」「そこらへん」にあった中性洗剤が、
なかなか処理に都合が良かったので、
それを使い続けたわ〜〜。

「たまたま」「そこらへん」にあった中性洗剤はこちら、エコベール。

2013042802


『植物とミネラルを原料とした人と地球にやさしい洗剤』らしいんだけど??

これでシュシュッと蟻に吹きかけると、
たちまち昇天するんだよ。
フツーの水じゃ溺れもしない図太い奴らなのに・・・

コレ、ホントーに地球に優しい洗剤なんだろか??
と疑問が湧くほどよ。



ただ、
水ほど濡れないし、
殺虫剤じゃないから拭き取りもテキトーでいいし、
ついでに掃除も出来ちゃうし・・・

私には便利この上無し!

おかげで、そこそこ入ってたエコベールが残り僅かとなってしまった。苦笑




それでも一度に200匹ほど処理する時にゃあ、
これは無理だ、蟻の巣コロリが必要だ。
(フランスにも名称違えどあるのだよ、こーゆーのが)
と思ってたら・・・

なんか分かんないけど、
ピタッッと蟻が出没しなくなったんだよね。昨日から。



なんだろう。

その巣の蟻を私が全部始末してしまったか、
それとも、洗剤に効果があったのか、
はたまた、違う住み心地のよい家があったのか・・・

いや、もしかすると・・・
敵(私)を油断させる作戦か??!

まったく読めないけど・・・
昨日は蟻の出没がゼロ。今日は5匹ほど。

平和だ〜〜。



基本、虫が得意ではないので・・・
一日に数百の殺生は気持ちいいものでもないし・・・

ぜひこのまま消えて頂きたいと願うワタシです〜。



スポンサーサイト

こどもの日、お花

週末。こどもの日。

お友だちに誘って頂き、お花のレッスンに参加。


2013050501



子供の日にちなんで、菖蒲(アイリス)を使って、
『和』っぽい作品。



なかなか大きくて・・・



家に持ち帰る際に、かなり形が崩れてしまったぁ〜。
>もともと私の作品が崩れてたっていう話は聞きません!

2013050502



前日もこの日も夕方からダンナ様に子守りを頼むこと数時間。
何も言わなかったけれど、
心無しか、ダンナ様は疲れていたような??

ま。先月はダンナ様が出張続きで、
週末は殆ど私が子守りしてたようなものだからね、
少しぐらいはいいでしょう〜。



特別柏餅を食べるでも無く(高いし!金曜日に幼稚園で作ってきたものを食べたし!)
ご馳走を用意するでも無く、
フツーの一日を過ごして終了なり〜。



でもでも。
やっぱり。

とりあえずは、かぶせとかなきゃね!

2013050503




しゅやくはボクでちゅ!

2013050504


ブルターニュ、前書き。

私たち家族は、当たり前の話、
日本のゴールデンウィークとは無縁でね〜。
日本の方々のGWの話を指加えて眺めてたんだけど〜。

でも!ようやく!
何の休みかよく分かんないけど、5月8日から5連休デシタ〜。
 ※あんまりだと思ってさっき調べたら、
  第2次世界大戦終戦記念日、キリスト昇天祭の祝日だった。




行き先はフランスの西部、ブルターニュ地方。

2013050803



子供達に砂遊びさせる目的もあって、
目の前が海!ってホテルを予約したんだけど、
どーも砂遊びさせられる環境ではなかったワー。
キレイだったんだけどね。

2013050801



ブルターニュ、タラソテラピーの本場で、
ホテルもそういった施設を持っていて、
海水スパ入りたい放題。
なかなかよかったんだけどー。

2013050802



ダンナ様がね〜
旅行2日目から腸炎デシタ。

「食べない方がいい。」って注意しても、
食べてる私たちが目の前にいる以上、
食べちゃうし、飲んじゃうんでしょう。

でも。
油モノやコーラとかビールを飲食せずともいいのに、ね。

「治らない」って3日も4日も引きずってるけど、
私からすると、「当たり前じゃ!あほかーーー!」と言いたくなる状態。

ま、弱ってるのに旅行中は頑張って動いてくれたことには感謝!
なのだけどね〜^^;

そんなこんななブルターニュ。
ちょこちょこ書いていきます。


Quiberon(キブロン)

ブログ、私からすると、相当放置してました。
なにかしら忙しくて〜。



さて、旅行記続きです。

2日目に、Quiberon(キブロン)という海沿いの町へ。

目の前に砂浜のビーチが広がってます。


2013050902


風がピューーーン!
しかも冷たいこと!

私なんて、車の中に置いてあった薄手のダウン(ユニクロ!笑)を
取りに戻ったくらいよ〜。
それでも子供達は大喜び&元気いっぱい。

2013050903



ボール蹴ったり。

2013050900



砂遊びしたり。

2013050901

このクソ寒いのに、もっといるーーー!って粘られたよ。
あーん。私が寒いのよぉ。


それにしても海沿いの町って風景がどことなく似てて、歩いていると、
ニースや(小さくした感じ?)
フォーレンダムを(オランダの湖に面した町)
思い出したわ。

2013050904



ここでランチを食べ・・・
あ。ここだと風がマシだったの。
さっきは午前中で空気は冷たいし、風が強い辺りで遊んでたみたいで、
寒い思いをしたのね〜。

2013050905

この後からダンナ様の調子が悪くなった。
ってか、完全に火が通ってるものを食べたから、
それが原因とは思えないんだけどなー。私も同じもの食べたし。
ちなみに、イワシのグリル。



ビーチ沿いのカフェに子供用の遊具が設置してあって・・・
もち有料。(15分で3ユーロ。30分で5,5ユーロぐらいの)
そこで少し遊ばせて、子供達はご満悦でした。

2013050907



ちなみに、ランチの後に、
缶詰で有名なお店(La Belle-lloise)や
Le Roux(アンリルルー本店。パリや日本にもあるキャラメル・ショコラのお店)
に立ち寄ったんだけど、
なんてことはない、どちらもお昼休み・・・。
あああ。

「パリにもある」と言ったら立ち寄ってもらえないのは確実なので、
伝えずに、「すごい有名店なの〜。」と無理を言って、
後から車で寄ってもらっちゃったワ。笑

2013050906

ルルーが行けたから、缶詰はもぉいいや。笑



キブロン、気持ちよかったけど、
久々に強烈な陽射しにあたって、疲れた〜〜。


ヴァンヌ(Vannes)

2日目、キブロンから戻ってホテルで休憩した後、
夕方からヴァンヌ(vannes)へ。

2013050901



木組みもあれば、石造りもある中世を感じさせる町並み。
でも、今回一番お気に入りの町は最終日に行ったところ。。。

2013050902



歩いていると、港に到着。
たくさんの船。しかも帆船がずらり。

2013050903



そーいえば、オランダ人観光客もたくさん見かけた。
この船のイベント目当てで来たのかしら??
船好きのオランダ人には有名な町なのかしら??

2013050904



久々に見る立派な帆船たち。
これも目の保養。

というか。この周りにあった屋台につかまっちゃって・・・
ケバブ食べて、コーラ飲んで・・・
この町に何しに来たんだ、我が家・・・

2013050905


ポンタヴェン(Pont-Aven)

3日目、ポンタヴェン(Pont-Aven) という
ゴーギャン始め、たくさんの画家が魅了された小さな町へ。
この川沿いを散歩したい!という私の希望なり。

2013051003

2013051001

2013051004

2013051005

2013051006



ガチョウ(アヒル?)を眺めてたら、陸に上がってきて、
追いかけられた〜。
エサをくれるとでも思ったか??!
けっこう迫力があるので、こわいーーー。
子供と一緒に逃げましたwww

2013051007

2013051008

川沿いの散歩道は短くて、
大人には物足りないけど、子供達にはちょうどいいくらい。

すごく気持ちよくて。
天気は曇りがちだったんだけど、
それでもキレイな風景と清々しい空気に癒されて。

小さな小さな町なのに、大きめのお土産物屋さんがあったよ〜。
そこそこ観光客は多いのかな?


この後、この町の礼拝堂へ立ち寄ります。
写真が多くなりそうなので、続く。




ポンタヴェンのトレモロ礼拝堂

ポンタヴェン、続きます。

トレモロ礼拝堂。

2013051111

小さい石造りの古い礼拝堂。
趣があります。




2013051113



ここに、ゴーギャンの『黄色いキリスト』のモデルになった
キリスト像が存在するんです。
右奥、見えるかな??

2013051114



はい、拡大してパチリ☆

2013051115



この礼拝堂の裏手に畑が広がってます。
絵のモデル、そのもの。
晴れてたらよかったのになー。

2013051112



カルナック

今回はカルナックが基点。

町の中心地から少しだけ離れてるんだけど、
古墳の上に経つというサン・ミッシェル礼拝堂。

中に入りたかったけど、無理でした。残念。

2013051121



カルナックの列石。

2013051122

2013051124

2013051123



カルナック中心地に建つ聖コルネリィ教会。夜。
これまた石造りの、趣のある教会でした。

2013051129



ディナン(Dinan)

ブルターニュ最終日。
車でパリまで帰る途中のこと。
サンマロ、モンサンミッシェルの近くにあるディナンという町に
立ち寄りました。(15時近かったけど、お昼休憩だよー。)

パリまでは、なんだかんだと距離があり、時間が押していたこと。
腸の調子が悪いダンナ様がげっそりしてたこと。

この2点で、長居できなかったことが、とっても残念!

イギリスのコッツウォルズみたいな蜂蜜色のレンガ。
中世の町並み。

とっても魅力的だったのーーーー。


2013051304

2013051305

2013051303



ユイ嬢の後ろの旗は、ブルターニュの地域の旗。

2013051308



長いモノが大好きなU助は、剣のお土産物屋さんの前で立ち止まり、
動かない。

中世の騎士と写真を撮って、誤魔化して退散したよ〜。

2013051307

2013051301



城壁?というか、チラリと見ただけでも
とてもキレイだし、
私の写真より、実際の町並みはもっともっとキレイだったのにー。
雨に降られたし、時間が無かったから、
ちゃんと収めることができなかった。

もっと歩きたかった。見たかった。
ちょこっとしか立ち寄れなかっただけなのが、非常に残念。
ホント、むちゃくちゃ心残りな町なのーーー。

ぜひもういちど行きたい!



モンサンミッシェルに行って、もう一つ町を立ち寄るなら・・・
検討してみる価値がある町だと思います〜。



優勝パレードが一転

旅行から戻ってきた週明けのこと。



パリを本拠地にするサッカーチーム、
パリ・サンジェルマンFCがリーグ優勝して、
トロカデロ広場で優勝パレードが行われた。

その5月13日の18時頃の風景。

2013051321



開始時間は18時半だと聞いたけど、
すでに集客もすごいし、ピンクやブルーのカラースモークが・・・

2013051322



もう盛り上がってるな〜。
警察の警備の人数もすごいな〜。

と、お祭り騒ぎを横目に見ながら、
ユイとU助を連れてトロカデロ広場を横切ったのだけど・・・

2013051323


この後、暴動が〜〜!

ニュースには一部の過激派のファンが・・・と記載されていたけど、
ダンナ様経由で聞いた話では、パリ郊外の不良たちが大暴れしていたとのこと。

お祭りが一転、暴動だなんてー。



ダンナ様の知り合いは、
この日、私たちのようにフツーにトロカデロ広場を歩いていて、
不良?過激派ファン?の人に突き飛ばされたんだって。

翌日、トロカデロ広場付近のカフェやお店のガラスの殆どが割られていたしね〜。

荒れたトロカデロ広場と化していた・・・



平和に歩いて家路についた私たちだけど、
もう少し時間が遅ければ、たいへんな目に遭うところだったわ〜!
油断大敵!!


新生活から1ヶ月経過して。

ユイ嬢が入学、U助が進級して1ヶ月。
ようやく生活に慣れてきました。

子供たちも目に見えて疲れていたけど、
私自身も疲労困憊で。

小学校に入学したら忙しいよ、って
前々から聞いて承知していたけど、
実際にその立場に置かれたら、
ホントに身に凍みたーーーーー。


6時15分、私起床
6時半〜、お弁当作り(ダンナ様、ユイ嬢、U助の3つ分)
6時50分、ユイ嬢起床(U助もこのぐらいかな〜)
7時半、ユイ嬢をバス停に送りに行く(基本私担当)
8時過ぎ、U助を幼稚園に送りに行く(基本パパ担当)

〜〜朝食、台所の片づけ&私のお楽しみタイム&掃除・洗濯などなど〜〜

15時半〜、U助のお迎え
16時過ぎ、ユイ嬢お迎え
16時50分、バス停でお友だちと鬼ごっこして遊んでから、帰宅
17時、おやつ
17時15分、宿題&翌日の準備
18時、お風呂
18時45分〜晩ゴハン
19時30分、歯磨き、寝支度、読書
20時、布団に入って・・・
20時半〜、就寝


多少は前後するけど、基本的なスケジュールはこんな感じ。

昼間は私が遊んでなけりゃ、時間に余裕もあって昼寝したりもできるんだけど、
4月は授業参観や面談など学校行事が連発だし、
お昼過ぎにはユイ嬢が帰ってくるから、
そうそう息抜きする時間も無かったなー。
月に2度ほど往復2時間のバス当番があるしねー。



宿題はユイ嬢の超テキトー大雑把性格ゆえ、
何度も『書き直し』させる羽目になり、時間はかかるし、
食事もさっさと食べてくれればいいものを
だらだら食べて、これまた時間がかかるし・・・

自由な時間を与えたいけど、与えてあげられない。

その上、KYだから、
夕方の時間に追われて必死な母に怒られっぱなし。

ちょっと可哀想なユイ嬢。

以前は9時就寝だったのに、
今は目標時間を8時にしているのが、厳しいんだよね〜・・・

でも、疲れて帰ってきてるし、
朝が起きれなくなるから、やっぱり8時目標でないと!なの〜。
9時に布団に入ったら、眠りにつくのは10時になっちゃうんだもん。



そもそも時間がないのはユイ嬢だけではない。母だって。

宿題も放置じゃできないし、
食事も目を離すとU助が立って遊び始めちゃうし、
お風呂はユイ嬢は一人で入ってクリームまで塗れるようになったけど、
U助は手助けが必要だし・・・
ということで、夕方の私には、家事する時間すら無い。

晩ゴハンは夕方までに用意してしまわないと、
手が回らないから、昼間に作んなきゃいけないし、
本当に自由な時間は僅かだったな〜。



なので、今のユイ嬢の習い事はピアノだけなんだけど、
これで十分。

もう少し親子ともども体力がつけば
幅を広げていきたいところ。



その前に・・・

病院通いを終わらせなきゃーーーー。



U助は歯医者。
ユイ嬢は眼医者。

あちこち連れ回す必要があり、
ずいぶん新生活に慣れたとはいえ、まだまだ忙しい今日この頃。

多少違えど、
たぶん、新生活スタートさせたおうちの方々は、
それぞれ忙しいよね〜??!

ま、我が家の新生活事情でゴザイマシタ。



ちなみに、最近、バスの時間が変わったから良かったものの、
もう少し前は今より15分も集合・出発時間が早かったらしい。
朝の15分って貴重よね〜〜〜。
バスの経由ポイントが変わってからの入学でラッキーだったかも〜。


片付けと、忘れ物と、失くし物と。

私もいつかネタにしようと温めていたのだけど、
月を愛でる日々のゆかちさんも語っているので、
私もこの機会に語ると致しましょう!

もぉもぉもぉ。
お片付けできないムスメ!!

ダンナ様も私もお片づけができないタイプなの。

私は大人になり主婦になり・・・
片付けしてるけど、キレイ好きだからじゃなくて、
仕方なくしてるってゆーか。
人に入られて汚いところを見せるのはちょっと・・・と
半ば見栄の為にしてる部分もあるので・・・

ユイ嬢が片付けられないのは致し方ないのかも・・・

とは思うのだけどー。

ユイ嬢の問題は、片付けられないことでなく、
同時に、忘れ物女王であり、失くし物女王って部分にある


・宿題で必要なノートを学校に置いてきてしまった。(筆箱も。教科書も。)
・学校に持参したコップと歯ブラシのセットを失くした。(後日見つかる)
・お弁当箱の果物ケース失くした。
 (1週間以上経って、キウイにカビが生えた段階で「見つかった」と持ち帰る。)
・さっき終えたばかりの宿題のプリントが無い無いと言って、騒ぐ。
・フランス語の教科書失くしたって泣いてる。
・渡すべきプリントが母に渡せない。=忘れてる。
・見せるべき連絡帳を、母に見せない。=忘れてる。



他にもまだまだあるのよ。
小学校生活が始まって、日はまだまだ浅いのに・・・。
ふ・・・苦笑



宿題のプリントはね、
他の落書きの紙と混じって、床に散らばってたよ。
「この辺りに混じってるかもしれないから片付けなさい。」
と片付けさせながら探させたら、
「無かったよ」と。
いやいや、無いハズないでしょう。
ソコにあるのが母には見えてたんだから〜〜!
結局、この作業を2度ほど繰り返し、ようやく発見☆

失くなったと騒いでいた教科書も絵本の本棚から見つけ出しました。
この母が!
これだって「この辺りにあるんじゃない?」って母が示唆してるのに、
ユイ嬢は見つけられずに「無いもんっっ」って。

キミ、探す気、ないでしょう〜??!
ろくろく見てないでしょう〜??!

そもそも・・・
教科書は教科書入れに、
プリントはプリント入れに・・・
入れるべきところに片付けないから、失くすんだよ〜。
やったらポイって放り投げて、次のことを始めちゃうんだから〜。




海外生活で、
いわゆるお勉強机を買ってあげなかったので、
教科書置き場になるような棚や小物を入れる引き出しなどが不足していて、
片付ける場所、固定の場所が無いのが問題なのかも・・・

と、母なりに工夫を凝らし、教科書置き場やプリント入れ、
文房具置き場など、いろいろ設置してみた。

だけど、まったく活かされてない。
やっぱり単に片付けられないだけ。
そして、大事な物を埋もれさせていくだけ。

まだ入学したばかりで、私も一緒に準備したりして、手も目もかけているから
なんとかなっている部分もあるけど、
一人でやらせたりなんかしたら、本当に忘れ物女王だろうなぁ・・・と
その様子がカンタンに想像できちゃうわ。



ちなみに、学校関係だから出来ないんじゃなくて、
大事なオモチャや文具だって、扱いは同じ。
プリティーストーンとか、大事にしてるものも、かなり大雑把。
シール手帳のシールはぐちゃぐちゃ・・・
可愛いお手紙や折り紙もテキトーにポイ。

私たちからの誕生日プレゼントだった『たまごっち』は
貰って1ヶ月足らずでバスの中に忘れてきた。
(4月にダンナ様が出張土産で日本から持って帰ってきた)

2月のディズニーランドでは、
「帽子も手袋も失くすからバスの中で脱いじゃダメ!
脱ぐならちゃんと持っていなさい!」

と何度も注意したのに、「うん」とか「わかってる」とか言いながら、
しっかりバスの中で忘れてきた。爆

たまごっちも帽子も手袋も・・・
間が悪くU助が愚図ってたんだよなぁ。
だから、降車するときにちゃんと目を配れなかった私にも責任はある。
でも、注意してるのにーーー。聞いてないーーーー。涙



なんというか。片付けられないという前に、
なにか大事な部分が抜け落ちてる・・・よね?!
宿題とか、「失くしたら困る」って分かってるみたいなんだけど、
分かってるなら、どーしてポイってするかなぁ〜・・・



おかげ様で私は、
まいにち、まいにち、
怒ってるよ。

「ママはどーしてそんなに怒りん坊なの?!」とユイはもちろんのこと、
「ユイのママは怒りん坊だね〜」とダンナ様にも言われるけど、(ムカつく!)
私が注意してるから、
まだ忘れ物も失くし物もこれで済んでるぐらいで・・・

一度、痛い目にあった方がいいのかなぁと思いつつ、
一度や二度痛い目にあったからといって、
コロッと態度が改まるようなユイ嬢じゃ無い気がするんだよな〜。

ということで、痛い目に遭わせる案は、かなりビミョー・・・



朝、玄関でいざ出かけようという時に、
ジャケットと靴だけ履いたら、
ランドセルもお弁当袋も持たずに「さぁ行こう〜♪」というユイ嬢には
呆れを通り越して、笑っちゃうけどね! 
※コレ、何度もありますwww 学校に何をしにいくんだ〜www



Mme Vogel の料理レッスン

先週のこと。
あ。このところ、いつも記事のUPが遅れてる〜。汗



マダム・ヴォージェル(Vogel)が行われている料理教室へ。
マダムの自宅で料理レッスン。

前の家の隣(前)のおばあちゃんのおうちのインテリアも
こんな感じだったな〜。。。
いろいろな物が置いてあるんだけど、センスがいいというか、
雑然としてないのよね。
あちこちに銀器があるのだけど、きちんと磨かれていたわ。
もちろんほこりも被ってない。

2013052001


我が家は雑然としすぎている!!そして、埃が・・・
床の埃は気にするんだけど、棚の上の埃に無頓着な私。
いやはや・・・ダメねぇ。分かっちゃいるんだけど。



テーブルクロスもナフキンも白に淡いピンクで凝った刺繍が施してあり、
万が一粗相しちゃったらどうしよう〜!
なんて焦りつつも、
やっぱりいいモノを使うと、気分も高まる。

食器も普段使いにいいモノを使った方が運気がいいと言われるけど、
その通りよね。

2013052002



前菜は季節のホワイトアスパラを使ったスープ。

2013052003

メインを撮り忘れた!
豚ヒレ肉のノルマンディー風。
りんごやシードルで調理した豚ヒレ肉、
調理しているときから、そりゃあいい香りで・・・
試食で目の前に出てきた時に、カメラを構えるのも忘れて、
がっついちゃったのよぉ。



デザート前にはフロマージュ。(チーズ)

2013052004

当たり前だけど、
我が家の(スーパーで買う)チーズとは格段に違う!
コンテもカマンベールもとっても美味しい。



デザートのサブレ。

2013052005

これも、この組み合わせで、この絶妙なお味になるのねーと感動!

試食前の段階では、クッキー記事にフルーツを乗っけるのか〜。
ぐらいの感覚だったんだけど、
食べてみてびっくり。
ケーキ屋さんで売ってるような上品で深いサブレのケーキじゃないの。



噂には聞いていたけれど、
マダム・ヴォージェルのまとう雰囲気もとっても優雅で穏やかでステキ。

こんな風に歳を重ねたいと願うものの、
きっと私は眉間に皺を寄せた、小煩い頑固ばあちゃんになるのでしょう。
今日もムスメとムスコを何度も叱り飛ばしてたわ〜www



あっかちゃーーん。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ブロック作品

ちょっと考えながら写真を見てください。



ユイ嬢、U助がどちらを作ったか分かりますか?!




2013052202



2013052201



ちなみに、どちらもロボットです。



答えは
①がユイ嬢、②がU助。



いちおー、3歳児と6歳児。3つの年の差があるんだけどね。
出来映えが変わらないという・・・

というか、私から見ると
②の方が、立体感があって、出来がいいような気がする。



U助、2歳の時でも、
自分で、『タケコプター』『どこでもドア』とか
ドラえもんグッズを作ってて、
しかも、かなり出来映えがよかったの。

ちゃんと何を作ったか分かる。
要するに大人の目から見ても、
タケコプターや、どこでもドアにも見えるってこと。



前記事でユイ嬢のことを、忘れっぽいって書いたんだけど、
このブロックにしても、お絵描きにしても・・・
こだわりが無いんだよね。
何をしても雑というか。

彼女にだって、こだわりはあるハズ。
どこに出てくるんだろう〜〜??



お財布、お嫁入り☆

週末は久々〜にアウトレットへ。



2013052201



バッグとお揃いの財布みっけーーーー☆


これは縁でしょう、と迷わずお買い上げ。



ちなみに。
1、2年で金運が下がるから買い替えがどーの・・・
と言うけれど、私の場合、
お財布はボロになるまで使ってしまうのよね〜^^;

黒い物体の駆除と、蟻の再訪

南イタリアやスペインはともかく・・・
基本、ヨーロッパ、フランスにはゴキ●リはいない。



と思っていた私。



なので、パリで暮らし始めて少し経った頃、
スーパーにゴキ●リ退治?的なモノが置いてあるのを見つけたときは、
「いるんだ・・・」と愕然とした記憶があります。

あるのよ〜、フランス版ゴキ●リホイホイが・・・

オランダのスーパーにはこんなモノ、置いてなかったハズ!



で。
先週に来ました。

ゴキ●リ予防?の薬を噴射する人が。

ゴキ●リのグロい絵とともに「5月▽日の午前中」なんたらかんたら・・・
と書いた張り紙が数日前からアパートのエレベーターに張ってあったので、
フランス語が分からない私でも
玄関チャイムが鳴った時にすぐに分かりました。


で。
小さい缶スプレーを持った、女性の担当者が
キッチンの流し台、お風呂の流し台などシュッシュッと軽く
吹きかけて帰って行きました。
「それだけ?」って言いたくなるぐらい、あっという間だったし、
ちょこっとだったのよ〜。



問題はこの後で。



中性洗剤攻撃が効いたのか、ぱったりと蟻が来なくなったわ〜

と喜んでたのに、

その翌日から蟻がチョロチョロと姿を現すようになり、
どんどん数が増えて、またも黒だかり!爆



なぜゴキ●リ予防で殺虫剤巻いてんのに、蟻が?!

と不思議だったんだけど、

たぶん他所に流れていた蟻が、殺虫剤の隙間を縫って、
また我が家にたどり着いて来たんじゃないかと推測。



昨日一昨日とまたも殺虫剤攻撃で数百匹の蟻を抹殺し、
今日は来訪がパタリと途絶えてます。



いやね。
ゴキ●リが来るぐらいなら蟻の方が何百倍もマシ。

でもやっぱり。

蟻もゴキ●リも御免だーーーーーぁ!


U助の歯科通い、ふたたび。

U助の虫歯を治療したのは、一年前のこと。

いやー。たいへんだった。。。→



検診に行かなきゃいけないのは分かってたけど、
医者嫌いのため、(どの医者でもどんな些細なことでも大号泣)
もっと理解できるようになってから〜・・・

と後回しにしてたら、
4月にポロッと歯の詰め物が取れちゃった。



こりゃ行かねばなるまい。と5月初めに行ったら、
案の定、U助は大抵抗。

大号泣&暴れるだけじゃ飽き足りなかったか、
お医者様の指を噛んじゃうものだから、
即レッドカード。退場。

次は『大人しくなる薬』を飲んでから来て。と言われ、
本日、再チャレンジ。



幼稚園を早退させて、
カフェで薬を飲ませ、
「はいしゃ、やだーーー」と暴れるU助を抱きかかえてメトロに乗って・・・
はるばる行って来たのよ〜。



メトロの途中で薬が効き始めたか、うとうと寝ちゃって・・・



なのに。
薬の効果など微塵も感じさせないほどの、大・抵・抗。

「落ち着いて、落ち着いて!大丈夫、あーーーんとするのよ!
 あーーーん、しなきゃ帰れないよ。頑張ったらご褒美あげる」などなど、
言い聞かせ、脅し、ご褒美で釣るetc

母なりにあれこれ頑張ったのだけど・・・



やっぱりお医者さんの指を噛み、
助手さんの指も噛み・・・



やっぱりレッドカード。退場。
あああ。涙



「半年経った4歳頃なら、もう少し理解できるようになってるかもしれないから、
その頃に来て。」だって。



さすがフランス人。
日本のお医者様だったら、もう少し粘ってくれそうなものだけど・・・
諦めが早いというか、「無理なものは無理!」とあっさり言ってくれる・・・



でも。半年放置って・・・。
虫歯、どれだけ進行するか分かんないのに、怖過ぎる。



他の歯医者に連れていくことも検討しているけど、
U助が治療を受け入れない以上、どこの歯医者でも無理・・・かもねぇ・・・
ううう。涙



しかもよ〜。
治療、まったくしてなくて。
フッ素とか薬も塗ってないし。

それなのに、2回で150ユーロ。ユーロ130円として20000円弱。
医療保険に入ってるとはいえ、
歯医者はカバーが少ない=自己負担率が高いのだよ・・・涙

治療してないのにお金を支払い(私から言わせると無駄金だよ)、
ユイ嬢お迎えのため、慌ててU助を乗せてメトロに乗った時点で、
母はもう憔悴しきっておりました。。。

そんな母に天からの慰めがあったか、
お友達のお家で晩ゴハンをご馳走になりました。
気分的にとっても救われ・・・感謝。



まだ全く終わってないけど、U助の歯医者はとりあえず、この2回で中断。
来月はユイ嬢の眼科でゴザイマス。
あー。しんど。

プロフィール

makisuke☆

Author:makisuke☆
ダンナ様の海外赴任で
2007年夏からオランダで3年間を過ごし、
2010年夏からはフランス・パリで生活をしています。
英語もオランダ語もフランス語も喋れない
ダメダメオンナで、
主婦業も手抜きが第一!

家族構成
夫・ダンナ様(駐在生活8年目)
私・makisuke(ダメ主婦)
ムスメ・ユイ(小学2年)
ムスコ・U助(幼稚園年中)

カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2013/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事+コメント
カウンター
どこからきたの?
free counters
利用してます2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。